2015年8月24日 (月)

『 朝顔や同じ顔して日々新た 』あそび心575交心sr2304

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ あそび心575交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★

Asobikokoro575asagaoyaonaji1w

★ あそび心575交心sr2304

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――

    朝顔や同じ顔して日々新た

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――



 そうですか!  MIXIに遊ばれたことがあるんですね。  ぼくは仲間内の交心広場のホームグランドに利用させてもらいましたので、コミュも色色オープン広場にしましたけれど、今と同じで、広場になり得ない身内の交心広場のままです。ぼくが鄙隠りしたので、今ではもうほとんど身内もいなくなって、開店休業で、それこそ、ひとり遊び自足広場に成ってしまいました。  しゅみーともおなじ事情ですけれど、ちょっと好奇心が大きくなって、一会を求めて、交心のおねだりをしていますので、入れ替わり立ち消えの交心で、何とか言葉あそびに熱中できています。  まだ交信相手をしばらくでもしてくれる人に巡り会えるので、Happyです。

 空呼さん、ご丁寧におもてなしくださってほんとうに感謝しています。



 朝顔や同じ顔して日々新た   旅仁

 こちらが変われば世界は宝庫


 ネット上でのトラブルも色々あるようですね。  人さまざま。  寛容な人もいれば、不寛容の人も多い。君子豹変といいますけれど、凡仁は自分の都合が最優先ですから、情勢次第で昨日の友も今日の敵です。「あんなに信用し合っていたのに」と人の心変わりに心を痛める人も多いようですね。

 ぼくは落ち零れ人生を歩いてきましたけれど、世間虚仮、大人は信用できないものだと思っていましたし、欲が絡めば昨日の友も今日の敵、信頼を裏切ることなんて何とも思わない恐ろしい世間だと、そんな大人とは付き合えないと、落ち零れ街道を選んで生きてきました。はっきりいえば、世間が怖くて、交わることを避けてきたんです。人に勝たなくてもいい、それでも人に負けない生き方をしようと、ある意味では、まったくわがままに生きてきました。欲さえ出さなければ、ぼくのような凡仁でも、結構自遊に、わがままに、生きていけるものです。  ひとり遊びが習性になっていました。  その頃から良寛さんに巡り逢えていたら、もっと知恵もついて、もっと豊かな人間になれたかもしれませんけれど、良寛さんに巡り逢ったのは、リタイアした年でした。  本屋の本棚から呼び止められて手にした本が『炎の女』です。手にすると、何と、良寛さんの恋だというのです。吃驚仰天、良寛さんより貞心尼さんに魅了されて、真似良寛さんをあそぶようになったんです。めぐり逢いは重なって、しゅみーとで雪割草さんに良寛さんの特集新聞記事を毎日送ってもらうようになりました。雪割草さんに巡り逢っていなかったら、真似良寛さんは始まらなかったでしょうね。  もっと知りたい、もっと真似したい、が言葉あそび熱中派への飛躍になりました。


 人真似も知る歓びに秋の夜   旅仁

 己が変わるイメトレ楽し

 真似良寛さんでぼくが変われた第一は、大人の人たちと交われるようになったことです。  信用するしないや善悪是非を横に置いて、その時その場のその人を受容してつき合っていけるあそび心を覚えたのでした。


 > 6月から短歌教室に通いだしたのですが、連体形とか活用とか習えば習うほど、歌が詠めなくなりました(>_<)

 作法も正しい表現の仕方も、原則的なハウツウも、知らなければその芸道は歩けないでしょうし、ましてや評価の対象にはならないでしょうね。  芸道を歩けば、精進と研鑚は不可欠でしょう。  そしてまたこの精進と研鑚の道は終着駅もないのかもしれません。

 ぼくのような中途半端な凡仁には到底望めない目標です。  それでも真似良寛さんはじめると10でいいんだよと良寛さんが微笑んでくれるんです。10まで行ったらまた1へ帰っておいで。1を一生懸命に生きようね。  10くらいなら目標にできそうだと思えてきます。  それ以上求めても、自分は10までで良いんだと、10までの目標に抑えることもできるんです。ぼくは10までの目標を立てました。まだ5までも行っていませんが、10までは行けそうです。そしたら、1へ帰れる。1へ帰ることが楽しみになります。


 選ばない、比べない、軽んじない。  ひとつ一つを自分の力でいっしょうけんめいにやれればHappyです。自分の力の10と人の力の10では相当の開きがあるでしょう。人の10を選ばない。比べない。  大学入試と高校入試ではレベルの差は歴然でしょう。それでも高校入試を軽んじない。  そんな言葉遊びも楽しみました。

 ぼくは目標を立てても目標に縛られないで、自分のあそび心を大切にし、楽しみたいと念います。あそび心が活き活きしていれば、精進も研鑚も苦痛ではなく、惑惑心躍るものになりそうな気がします。

 そんなこと思ってみました。  色色考えさせてもらって、考える楽しみや語れる歓びもらえました。  空呼さん、ありがとうございます。

 おやすみなさい、いいゆめを。


 虫しぐれわがなく声を聞きわけよ   旅仁

 思いをこめてまこと生きたし



★★★  めぐり逢い良寛さんzr2103『 ほし梅をたなごころにのせ遊ばする 』sr21  への交心です。 ★★★



★ あそび心575交心sr2309

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――

   虫しぐれわがなく声を聞きわけよ

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――




★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★


★★★  TAO575交心st2209『 魅せられて空の花咲け蛍の夜 』 へどうぞ!!! ★★★


★★★ 言葉あそび575交心zr0203『 君の幻る光の国を翔けよ夏 』sr03 へどうぞ!!! ★★★


★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★

2015年3月10日 (火)

『 小さい欲狭庭に満たす老いの春 』TAO交心

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ TAO交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




★ TAO交心sx0304

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――


小さい欲狭庭に満たす老いの春


――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――



 > 侘び助や主を癒す贈り物   峰人


 峰人さん、

 好い句をありがとうございます。

 侘助の小さく咲いて、凛と決まるたたずまいが心を和ませもし、浮ついた気分を諫めてもくれるようです。  素朴な慎ましやかさの藪椿が大好きなんですけれども、瀟洒な風情の侘すけもやはり大がつくほど好きなんですよ。

 峰人さんに詠んでもらった句のように、ほんとうに色々の場面で癒されるし、和みの同伴者のひとつでもあるんです。  狭庭だけど、鉢にして小さくあそび楽しませてもらうようにしました。



 ほんの小さな苗から育てる楽しみです。  未熟さの秘めている夢に魅せられるのかもしれませんけれど・・・


 小さい欲狭庭に満たす老いの春   旅仁

 花の縁が好き友招く


 侘助や和して動ぜぬ人減るか   旅仁

 狭庭に在るも命みなぎる





★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★


★★★ 椿2015アルバム『 紺侘助 』 へどうぞ!!! ★★★ 


★★★  妄句575sy0401『 冬麗や尾根に駈け行く放ち駒 』  へどうぞ!!! ★★★

 

★★★  めぐり逢い良寛さんzz2003『 大寒の思わぬ温さ野良仕事 』sz28 へどうぞ!!! ★★★  




★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★

2014年9月17日 (水)

『 底紅の花心に呑まれ溶かさるゝ 』回想瘋癲老仁妄句zdq1901tq1201

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 回想瘋癲老仁妄句 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




Photzdq1901sokobeninokasin1r

★ 回想瘋癲老仁妄句zdq1901tq1201

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――

底紅の花心に呑まれ溶かさるゝ

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――

 未呼さんの酔芙蓉のページをBLOGサーフィンしてきました。

『 最後まで艶やかに・・ 』

 そこで、千呼さんの  底紅や空を見つめて虚ろなり底紅や空を見つめて虚ろなり  の句に出会いました。心にすっと入ってきて、さて、虚ろなのは木槿の花なのか、千呼さんなのか・・・はたまた、読者の老仁なのか・・・。


 さまざまなイメージがわき起こり、得た句です。

 <・・・誘われますね、未呼さん。千呼さんの句素敵ですね。真似したくなります。真似師仁はしょうもないですね、お許しくださいね、千呼さん。

 ・・・ 酔芙蓉空仰ぎをり惚と恍   仁 ・・・>


 酔芙蓉で受けたんですけれど、本命は「底紅」なんですよね。

 そして、底紅から湧出するイメージは止まりません。


 <・・・ 底紅と共に一日を愛おしむ   仁

 ・・・又真似してしまいました。千呼さん、ごめんなさいね。・・・愛すれば、空・・・いいイメージに出会うと心が熱くなってしまいます。>


 未呼さんも、< 底紅・・この言葉ですね。みおも見た瞬間、おお~って思いましたよ。底紅が、すべてですね。無限に広がる想像の世界の始まりですね。> とコメントします。勢いがつきますね。なだれ込むようにイメージの世界へ突入。


 千呼さんも乗ってきてくださるんですよ。  <老仁さん!ありがとうございます!^-^みなさんと俳句でご挨拶ができて、嬉しいです!>


 ほんとうに俳句で出会い、俳句で挨拶ができたらすばらしいですね・・・そんな密やかな楽しみが湧いてきます。


 千呼さんからBLOG訪問もしてもらいました。交心できるとHAPPYですね・・・。


 こうなると老仁はもう後先見えなくなって、不躾になっていくんです。そして、ついには嫌われる・・・なのに、止まりません・・・


 <ほんとうに。未呼さん、底紅に落ち込んでいく感覚在るでしょう?  妙の領域。危険ですけれど、魅惑されますね。  千呼さん、木槿お好きなんですね。  仁も大好きです。またいい句味あわせてくださいね。すぐ真似してしまいますけれど・・・。>


    対話に成長できることを願いながら・・・


< ・・・ 底紅の花心に呑まれ溶かさるゝ   仁  ・・・


 妙の領域に触れるともう危険そのものですね。  イメージはかなり勝手に逸脱していきます。泳がせて、楽しむことの罰を受けなければならないでしょうか・・・>


 「虚ろ」のイメージをここまでもらうことはもう対話にならないでしょうか・・・。妄想の領域には誰もついていきませんよね・・・。句としての成り立ちさえ危うくなっていくのでしょうけれど・・・。  けれど、こんな交流というのか、イメージのリレーというのか、俳句のつながりが創作されていくのはとても楽しいことなんですよね。


 続けていけると、HAPPYですよね・・・ 


★★★ 老仁の俳句を遊ぶ『 底紅の花心に呑まれ溶かさるヽ 』 へどうぞ!!! ★★★

 

 家の酔芙蓉もやっと満開状態です。  けれど昨年枝落としをしていないので伸び放題状態。追い肥もしていなかったので木勢も弱いようで今年は冴えないのではないかと思っていましたが、それなりに大輪を咲かせてくれています。  朝白かったものが昼過ぎには微酔いから酔い酔いに変わって、夕方にはもう溺酔状態です。独り遊びの妄恋に溺れた瘋癲老仁の姿もここまで徹すれば立派なものでしょうけれど・・・


 酔芙蓉吾に深々酔えるもの   旅仁

 面目坊にまだ逢わぬまま


 陶酔の内なる陰気酔芙蓉    旅仁

 吾が恋おれば吾を蔵せよ


★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★


★★★  愛写真俳句tq0403『 恍恍といつもひとすじ酔芙蓉 』  へどうぞ!!! ★★★

★★★  TAO交心tr0503『 老に居て野分け前にも夢を観ん 』  へどうぞ!!! ★★★


★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★

2014年9月 5日 (金)

『 観音と寝れば憂き夜も花となる 』瘋癲老仁妄詩zr2701

★。・。・゜♪゜・。・。★ 瘋癲老仁妄句 ★。・。・゜♪゜・。・。★

 うつくしき帰還に見ゆ酔芙蓉   仁


 涼風に念重なりて花ミラクル   仁


 花木槿命観音愛楽土   仁



★★★  『 観音と寝れば憂き夜も花となる 』★瘋癲老仁妄詩346z01z080827  よりの転載です。 ★★★



★ 瘋癲老仁妄句zr2701

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

観音と寝れば憂き夜も花となる

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――



 もはや悶々とすることもなく、

 もはや惚惚となることもない。

 平穏の中、渇くように、流れていくよ。




 さりながら、平穏の中、

 渇く心に観音の

 寄り添い抱き、

やわらかに

 あの世この世の語り合い。




 語りの先に、仄かにも、  見え来る光、触れる風。

 刹那に広がり、花野と化しぬ。


 花野をあなたと翔けゆけば、

 風も光も戯れて、

 花の楽土のシンフォニー。


 あたかも瞑想する如く、

 異時空飛翔の花野には、

 あなたがまさしく観音なのだ。



 今や優游心は流れ、

 今や優游心は溶ける。

  あなたの内へ消えていく。

★ 瘋癲老仁妄句zr2702

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

花野から戻れば憂き世なき如し

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――





★。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★。・。・゜♪゜・。・。★